慢性便秘

便秘を解消する方法-1週間以上出てないあなたへ

最近なんだか胃腸の調子がおかしい

特に女性はこのような事が度々あるようです。
特に不快感を感じるのが便秘

女性の腸は男性の町に比べて長くて細いため、
その過程で便が腸の中で乾燥しやすく便秘気味になりやすいという傾向があります。

しかし、便秘といってもいろいろなタイプと原因があります。
女性の便秘でしておきたいのが
まず三つのタイプがあるということ

最も多いのが弛緩性の便秘というもの
腸の働きが弱い

すなわち腸がなかなか
動かない
排泄運動しないということによって起こる現象です。

そして次に多いのが直腸性の便秘
腸は運動はしているけれど
出口から外に出ないという症状
これは腸に何らかの問題があるために
個人でどうにかしようとせずに病院に行く必要があります。

そして最後にストレスが原因で起こるけいれん性の便秘

これは環境の変化など胃腸にストレスがかかると起こりやすいもの。

胃腸はとてもストレスに弱い
みなさんも旅行に行ったら必ず便秘になる。
そんな経験があるのではないでしょうか。
便秘と下痢の両方の症状もある。

また、残便感を感じる人の特徴として、便秘なのに下痢をしている。

しかもすっきり全部出きらないという症状もあります。

お腹はとてもいたいのにトイレに行っても排便できない
特に苦しいのがこのタイプで
トイレから出られないのにも
かかわらず出ない

こんな症状が起こります。

お腹の調子が悪い時に試してほしい方法


まず絶対に朝食を摂ること
朝決まった時間に起きてご飯を食べるのが時計の生活リズムを正して
しかも、腸を眠りから目覚めさせるうえでもとても重要なこと

朝に日光を浴びて朝食を摂ることで
脳の体内時計はリセットされます。
なので、朝食は特に便秘をする方は絶対にしっかりと摂るべき

朝食をとらないと朝に腸を目覚めさせる機会を逃してしまうことになります。

忙しい時はバナナ1本でも構いません。
必ず胃に物を入れて体を
起こすようにしてあげましょう。

その際に、朝起きたらベッドのうえでデモ
コップ一杯の冷たい水を飲むことも
腸の働きを活発にするために有効な手段です。

また便秘からくる下痢の人もこれは当てはまりますので、
朝食は絶対にしっかり食べるようにしましょう。

食物繊維をたっぷりと摂る

便秘には食物繊維が有効
これは便秘に悩む人であれば誰でも聞いたことがあります。
しかし食物繊維にも2種類

水に溶ける食物繊維と
水に溶けない食物繊維があります。

一般的には便秘を予防するためには
水に溶けない食物繊維を多く摂るのが重要。
下痢の人はその逆になります。

自分にあった。
症状の食物繊維をとらなければ逆に症状を悪化させる結果になってしまいます。

先に挙げた腸の動きが弱い
弛緩型の便秘の方は水溶性と不水溶性の食物繊維のどちらもバランスよく摂ることがお勧め。

乳酸菌を摂る
特に下剤を飲んでいる人は乳酸菌を
毎日しっかりと飲むようにしましょう。

下剤は
排便すると同時に、腸の中の善玉菌も同時に排出して
しまいます。

このため便秘薬を飲むとさらに便秘が悪化するといった悪循環が生まれます。

特に気軽乳酸菌を取ることができるのがヨーグルト
ヨーグルトは腸内の悪玉菌を殺してくれる善玉菌

この善玉菌のエサになる乳酸菌をたっぷり含んだ栄養食品

腸内環境の改善に役立ち

便秘や下痢
その他便秘が原因の肌荒れなどを処方してくれる効果があります。

注意したいことは
一気に飲むのではなくて
徐々に摂取すること

そして、
カロリーの低いタイプでも
変な甘味料が使われている場合があるのでそれに注意をすること

軽く運動する

スポーツのような激しい運動ではなく
ウォーキングやストレッチ、そしてラジオ体操などの軽めの運動の方が
副交感神経が高まって
腸が動く効果があります。

お風呂上りに軽くストレッチなどを行うだけで
眠っている時の腸の動きが活性化するので

結果、朝排便しやすくなるというポイントがあります。

よく寝ること

睡眠ホルモンと呼ばれているメラトニンという成分があるのですが、
これは腸を元気にしてくれる働きもあります。

ポイントは真っ暗なところで寝ること

少しでも明るいところと、本当に暗いところでは
メラトニンの分泌量が全く違います。

夜は必ず電気を消して!

テレビを見ながら寝てしまったなんてことのないように注意しましょう。

よく噛んで食べること

これは何も固いものだけに限りません。
柔らかい物や飲み物などでも
必ず口の中でよく噛んでから食べましょう。
胃腸の負担が全く違ってきます。

ストレスを軽減

胃腸はとにかくストレスにとても弱いです。

胃潰瘍という言葉もこれもストレスからくる病気の一つ。

胃腸は2番目の脳と言われているほどデリケートなところ

あまり悩みを深く考えすぎると胃腸がおかしくなり
自律神経が乱れてそれが便秘の原因につながります。