便秘と運動不足

便秘を解消する方法-1週間以上出てないあなたへ

【便秘と運動不足】連休明けに必ず便秘になってしまう理由

適度な運動と便秘との関連性を、己の身を使って証明してみた!
今でこそ滅多に便秘をしない私なのですが
年に三回、一月の下旬くらいと六月の頭位、そして九月の中旬位
決まって便秘の症状が出てきます。

若い頃は「まあそんな事もあるだろう」と気にも留めていなかったのですが、
三十を越えてもこの体質に変化が出ないため
一度原因を詳しく調べて見る事にしました。

季節の変化や気温の変化等が要因になっているのではないかと分析をしていたのですが、外的要因の変化は年中あることですので、どうもそうではなさそうです。

果たしてなんなんだろう?とより詳しく思い当たるフシを考えてみた所、一つのキーワードが浮かび上がってきました。

連休の運動不足が便秘の引き金に!


それは、いずれも「大型連休の一ヶ月前後あとに必ず便秘の症状が現れる」という事柄でした。

人ごみが嫌いな私は大型連休中には殆ど表に出ません。

家で引きこもって自分の大好きな映画をひたすら観まくる生活が一週間近く続くので、それがどうも便秘と関連しているようなのです。

仮説を突き止めた私は、去年の正月、ゴールデンウイーク、お盆休み期間中に毎日3キロほど歩く運動をして体調の変化を観察してみたのでした。

結果は読み通りで、長期休みに適度な運動を定期的に行ったおかげで、去年の便秘回数はゼロ。

三日以上身体を動かさない事は便秘と密接に関連性があるようなので
もしもあなたが便秘になりたくないのなら、一年中常に適度な運動を欠かさないようにした方が良いかもしれませんよ。

なぜ便秘には運動が効果的?


便秘の原因もいろいろありますので
運動をすれば絶対になおるというわけではありません

しかしながら
腸の働きを促すのに、まず運動による腸の動くスペースの確保と刺激があります。

なぜなら
腸が便を送り出す時は、ぜん動運動をしながら
出口に向かって運んでいきます。

便秘の人はこのぜん動運動が正常に働いていない状態

この運動を促す役割を果たすのが
食物繊維であったり運動することによる刺激です。

このためウォーキングのような軽い運動でも
十分効果を期待できると思いますよ。

汗をかくようなキツイ運動は必要ありません。

朝食前がおすすめ


起きたばかりの体を目覚めさせる効果があるとともに
自律神経の乱れも改善できます。
明るい日差しを浴びることが重要で代謝が促進されて
ホルモンの分泌も活発に!

歩けば腸は刺激されますので
「その後に朝食をたっぷりとってトイレにgo!!」